シャロンの薔薇

聖書から学んだこと・日々の出来事・ハンドメイド

手仕事

感謝というワックスで、心の大掃除

先日、諸々の事情で延び延びになっていたファミリー イベントを、まとめて執り行いました。長男の誕生日、 次男のお嫁さんの誕生日、そしてクリスマスのお祝いです。 小3孫の女の子は、「ケーキ3回分が1回になった」と 不満顔でしたが、ともあれ楽しい団ら…

天才か! うちの孫。

30年近く自分史を綴っていますが、最初に講師の先生から 受けたアドバイスに、次のようなものがありました。 一つは、あくまでも、正しい時代考証に基づいた“私”の 自分史であること。次に、一文は短く。読者の立場に立って、 一息でスラスラ読めること。そ…

秋天がキャンバス ~空いっぱいの鯖雲~

雲 八木 重吉 くもの ある日 くもは かなしい くもの ない日 そらは さびしい 空いっぱいに広がる、白い鯖雲がとてもきれいだったので、 スマホでベランダから写してみました。 雲が多いと青空が隠れてしまうので、何となく物悲しい。 真っ青な空も、一片の…

心を研いでくれる友の存在

聖書は心に響く言葉の宝庫です。多くのクリスチャンは、 いくつもの愛唱聖句を持っています。 私の好きな聖句の一箇所、箴言(しんげん)27章17節を、 3通りの訳で書いてみます。“友”の本質を突いています。 鉄は鉄によって研がれ、人はその友によって研がれ…

パッチワークの妙、金継ぎの美に思うこと

手仕事は好きですが、針仕事は苦手な部類に入ります。 それでも昔、一度はやってみたくてパッチワーク教室へ 通ったことがあります。でもやはり、苦手意識が先に立ち、 短期間でギブアップ。1ミリの狂いもなくピタッと継ぎ合わせる 技術の、なんと難しいこ…

使い切ることの快感

もともと、物をため込む傾向があり、あらゆる種類のガラクタが 所狭しと部屋を占領しています。特に布、紙のたぐいは捨てがたい。 いつか、何かにリメイクするつもりが、積もり積もって飽和状態に。 それでもですね。。。 小さな小さなハギレでも、こんな風…

良い器は、よく練られた粘土から

昨年以来、習い事への取り組みもずいぶん減りました。 二回のワクチン接種も済み、遠慮がちにではありますが、 サークル活動にも復帰し始めています。 陶芸の先生から「作品が焼き上がりました」という連絡を いただいたので、ワクワクしながら受け取りに行…

コロナフレイルとは? 予防対策は?

最近、ネットや新聞紙上で「フレイル」という言葉をよく目にします。 frail(英語)は日本語にすると「虚弱」という意味。誰でも年を取ると 体力が低下し、いつかは人の手を借りなければならない時がやって来ます。 フレイルとは、年を重ねるにつれ、知力、…

 苦手なミシンでトートバッグに挑戦

東日本大震災後、仙台から転居してきた母の荷物には、 まだ手つかずのままのものが結構あります。いつかは 整理しなければと思っているうちに、はや10年。 時間がある今こそ、片付けのチャンスかもと動き出しました。 なんとも、気が遠くなる分量ですが(-_-;…

居場所があるという幸せ

二回目の緊急事態宣言が発出されました。 コロナの勢いが止まりません。身を守るのに必要なマニュアルを 徹底して続けていくしか術はないようです。 コロナ禍の中で、どう時間を使うか。何をすべきか。 それぞれ立場によって違いますが、一人一人が時間の守…

わたしの目には あなたは高価で尊い

ニットデザイナーの友人がいまして、余った毛糸や段染め糸を沢山 いただきました。かなり細い糸なので、手持ち毛糸と2本取り、 3本取りに取り混ぜて、ベストを編み始めています。最近、目も 手もおぼつかなくなってきて、完成の日の目を見るのか、何とも 怪…

Stay Homeの通信簿

緊急事態宣言が解除され、そろりそろりと動き出した日常生活。 振り返れば3、4、5月‥。かつて経験したことのない引きこもりの 日々でした。おそらく誰もが違う時間の過ごし方をしていたの ではないでしょうか。Stay Home のあり方に通信簿は存在しま せんが…

無心になること・楽しむこと

緊急事態宣言後、外出自粛要請が出てからというもの、 いかに時間を有効に使うかが問われる毎日です。 出不精の私は、家で過ごすことが苦ではないのですが、 それでも有り余る時間をどう割り振るか、頭を悩ませて います。朝起きて、一日に達成できそうなこ…

『若草姉妹』に憧れて

子どもの頃、繰り返し読んだオルコットの少女小説『若草姉妹』。 詳しい内容は覚えていないのですが、物語の冒頭部分、居間に飾った クリスマスツリーを囲んでくつろぐ、四姉妹の愛らしい笑顔の挿絵が 遠い記憶に蘇ります。 戦争で父が不在のマーチ家では、…

ガラクタから花を咲かせよう

人はマドンナを彫刻しようと、 白檀(びゃくだん)の木を探しながら、 材木置き場で蹴とばしている 樫(かし)の木の中に 美しいマドンナが隠されているのに 気づかずにいるのです。 (J.Rミラー) 物作りの極意が何たるかは別として、高価な材料を ふんだん…

陶芸体験を通して

見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、 ‥ あなたがたも、わたしの手の中にある。 -エレミヤ書 18章6節- 7月の終わりに陶芸体験教室に参加してきました。 去年に続き二度目のチャレンジです。 若い頃から器が好きで、よくデパートの食器売場をウロウロ…

手作りのカード

昔、公立病院に勤めていた父が、図画工作が好きだった私に 「ほら、お土産だよ」 と、桜色をした頓服用の薬包紙を一束持ってきてくれました。 うっすらと、お日様が透けて見えるピンクの真四角の紙。 スルスル滑らかな光沢ある表側、ザラっとした心地良い感…