シャロンの薔薇

聖書から学んだこと・日々の出来事・ハンドメイド

秋天がキャンバス ~空いっぱいの鯖雲~

f:id:fantsht:20211021182047j:plain

 

    

       八木 重吉

 

  くもの ある日

  くもは かなしい

  くもの ない日

  そらは さびしい

 

空いっぱいに広がる、白い鯖雲がとてもきれいだったので、

スマホでベランダから写してみました。

 

雲が多いと青空が隠れてしまうので、何となく物悲しい。

真っ青な空も、一片の雲がなければ、ちょっと味気ない。

 

空に雲があるか、ないかということは、その時の心模様で

受け止め方も違ってくるのでしょうが、重吉の素朴な感受性は

とても分かりやすく、共感できますね。

 

それにしても、天高く馬肥ゆる秋。

澄み切った碧い空を見ると、心が浄化されるようです。

豊富な秋の味覚が食欲をそそります。空気も食べ物も美味しくて

馬も人も肥ゆる秋。先日、健康診断が終わり、つい気が緩み、

食べ過ぎ傾向にあるので、要注意ですが(^o^;)

 

コロナの勢いも収まってきましたが、まだまだ油断は禁物。

行楽日和が続いても、動き出すには、もう少し様子見が必要

ですね。今もStay Home継続中。チマチマと絵を描いたり、

小物作りをして時間守りをしています。

 

f:id:fantsht:20211021182131j:plain

f:id:fantsht:20211021182147j:plain


布の切れ端を縫い合わせたティッシュケース。もっと、ミシンの

練習をしなければ‥。毎度、反省しきりの作品です(^o^;)

脳トレに 言語学習アプリを始める

f:id:fantsht:20211011182439j:plain

 

昔、脳に刷り込んだものはけっこう憶えているのですが、

近年、新たに覚えたものは、見事にすぐ忘れます。

これを俗に言う、「歳のせい」なのでしょうね。

ただ、このまま新しい知識が忘却の彼方へ消えてしまうのは

もったいない。少しでも脳を刺激することを始めないと‥。

 

何を取り入れるのが良いか思い巡らせていると、そうそう、

昔、教会でドイツ語を学んでいたことを思い出しました。

スイス人宣教師さんが、子供向けには英会話クラス、

大人向けにはドイツ語クラスを受け持ち、教えてくれていた

時期があったのです。ドイツ語はまったく初めてでしたが、

初歩の初歩から懇切丁寧に教えてくださるので、 とても

楽しく学ぶことが出来ました。2年間くらいだったと思います。

 

ドイツ語のルター訳聖書を用いて、毎回、レッスンの最後に

聖句を一箇所、読んでいました。

f:id:fantsht:20211011182455j:plain

  Ihr seid das Salz

    der Erde.

  Ihr seid das Licht

    der Welt.        Matthäus 5,13・14

 

 「あなたがたは地の塩です。

  あなた方は世の光です。」  (マタイの福音書5:13-14)

 

もうすっかり忘れたと思っていましたが、幾つかの単語は

覚えているものですね。おぼろげな記憶をたどって、再び

ドイツ語に挑戦してみようかという気持ちが湧いてきました。

 

ただ独学では壁にぶつかり続かないと思い、今どきの良い

学習法はないかと探していると、初心者でもOKの無料アプリ

Duolingo(デュオリンゴ)という言語学習アプリにヒット。

本当に一歩ずつ、ステップアップして行けるので、三日坊主の

人にも続けられるのではないかと思います。

1日5分という触れ込みで、確かにスタート時には5分でも

十分でしたが、レベルアップと共に5分、10分、15分とかかります。

キャラクターのDuo君がエールを送ってくれるので、とにかく

なんとかノルマを達成し、なんと、今日で連続120日となりました。

4ヶ月、よく続いたなあ‥と心の声。

 

頭を回転させるので、脳トレには効果的なアプリだと思います。

ちょっとの隙間時間を作れる方には、ぜひお勧めです。

『おかえりモネ』 ~橋を渡るということ~

f:id:fantsht:20211001162125j:plain

                 宮城県気仙沼市・唐桑の海

 

NHKの朝ドラ『おかえりモネ』も、はや終盤に‥。

どんなエンディングになるのか、ワクワクしながら見ています。

 

3.11、地元の大津波の惨状を、この目で見ていなかったモネ。

その事実に、ずっと後ろめたさや負い目を払拭できずにいた

モネですが、たくさんの人との出会いの中で成長し、葛藤を

乗り越え、目標が定まり、ついに地元に戻る決断を下します。

 

気象予報士となったモネは、震災後に開通した“橋”を初めて渡り、

帰郷します。モネの実家がある亀島(大島)と本土をつなぐ橋は、

事実、気仙沼市民にとって長い間の夢でした。

 

船で渡れば30分もかからず大島に着きます。ただ、有事の時に

橋があれば‥という思いは、ずっと市民の心の中にありました。

1960年のチリ地震津波は、その思いをより深める出来事でした。

 

東日本大震災から8年後の2019年4月、市民の悲願であった

夢の架け橋が開通しました。昔を知る者にとって、架橋の実現は

本当に画期的なことです。生前、建築業に携わっていた義兄の

大志でもありました。堂々とした構えの白亜のアーチ橋を、

義兄にも見てほしかったと心から思います。

 

橋が出来たことで、大島と本土をつなぐ定期船は100年の歴史に

終止符を打ちました。

 

カッパえびせん(餌)に集まる海猫(カモメ)との楽しい船旅は、

気仙沼の風物詩の一つでもありました。私も進学で地元を離れる

までの15年間に、家族や友だちと何回、この船に乗ったことか。

私の心には、橋の完成の喜びと、あの光景はもう見られないという

寂しさが、ずっと隣り合わせで残ることでしょう。

 

モネは「津波を見ていなかった」「何も出来なかった」という

心の傷に真摯に向き合い、それを踏み台にして、一歩、前に

進みました。橋には“つなぐ役割を果たす”という意味があります。

橋を渡るということは、不十分、不完全なものを修復し、整える

ことに通じます。橋を渡るのは勇気をもって一歩を踏み出すことで、

このドラマのテーマの一つとも言えるものです。たとえ橋が出来ても、

渡ったとしても、いつも順風満帆というわけではありません。でも、

一つ前へ進むことの大切さを、このドラマは教えてくれます。

 

朝ドラに多いヒロイン一代記と違い、ドラマチックな展開では

ありませんが、モネの心の動きや成長の過程が、ゆっくり、丁寧に

描写され、静かな時の流れに心地よさを覚えます。登場人物たちの

滋味あふれることばには共感するものが多く、いわゆる悪役と

言われる人が登場しないのも、安心して見ていられます。

 

一日の始まりに、爽やかな風を吹き込んでくれる、純文学のような

調べの作品に出会えたこと、舞台が懐かしい郷里であったことも

本当に良かったと思っています。

 

人はなぜ 糸を編むのか

f:id:fantsht:20210920173236j:plain

 

もう何十年も前のこと。子どもが学校から帰るまでの時間を

利用して、蒲田にあるユザワヤの編み物教室に通っていました。

当時は相模原に住んでいましたから、ゆうに往復3時間はかかる

距離。若い時はエネルギーがあるのですね。修了証書も無事、

いただくことができました。

 

ご近所に編み物が得意な友人がいて、作り目から教わったのが

まず第一歩でした。彼女が生み出すアートのような作品群に

魅了され、一本の糸から生まれるミラクル・ワールドに、

すっかり嵌ってしまいました。

 

家族用(4人分)を1シーズンに2、3枚ずつ編むのですから、

いったいどれだけの枚数を編んだのでしょう? 何か取り憑かれた

ように熱中していた十数年間は、なんだったのでしょうね。

 

毎年、YMCAのスキー教室に参加していた二人の息子のために、

とにかく軽くて温かいセーターを着せたいという母心。それが

大きなモチベーションだったのかもしれません。当時、買い漁った

バーゲン品の毛糸が、まだ少し押し入れに残っています。

 

夫の家系が超がつく長身族。わが家の息子たちも上背があります。

成長と共にセーターのサイズもどんどん大きくなって、編むのに

時間がかかるようになり、いつしか編み物熱もフェイドアウト

今は、たまに自分用のものを編むくらいです(^o^;)

 

最近、ニットデザイナーである友人から機械編み用の極細糸を

大量にいただきました。もう大作は編む気力はありません。そこで、

写真にあるように、カードのパーツ用に使わせていただいてます。

味のある、段染めのグラデーションが気に入っています。

こんな糸の使い方もまた面白いですね。

 

人はなぜ糸を編むのか?

糸を編む時、それを贈る人への思いが籠もります。ちょっと俗っぽい

言い方ですが、糸は人をつなぐ身近な表現手段。思いを形にする

ために、人は糸を編むのかもしれません。

 

   「少年の日」  

             佐藤 春夫

 

 四、君は夜な夜な毛糸編む

   銀の編み棒に 編む糸は

   かぐろなる糸 赤き糸

   そのラムプ敷き  誰がものぞ。

   ※かぐろなる=黒々としている

 

あえて “じゃがいも” を描く

f:id:fantsht:20210913222309j:plain

絵画教室では、きれいな花や特徴あるオブジェをモチーフに

描くことが多いのですが、時間がたっぷりあるコロナ禍中の今、

あえて、平凡な “じゃがいも” を描いてみました。

手を変え、姿を変え、味つけされて食卓に登場する常備菜

そんな、ごくありふれた野菜ではありますが、よく見ると

一個一個、形も表情も違って面白い素材であることに

気が付きます。単純ゆえに、むしろ絵にするのは難しいのですが、

身近なものを観察して描くのも、良い勉強になります。

 

身近なものを素材にした、星野富弘さんの詩画集の中にも、

“じゃがいも”をモチーフにした詩画がいくつかあります。

 

  じゃがいもの花

       

 泥だらけになって

 じゃがいもを

 掘っていた時

 ふと見上げた空が

 手でさわれそうなほど

 近かったことを憶えている

 高い所にあこがれ

 山の頂に

 立った時

 なんにもない空が

 果てしなく遠かったことを

 憶えている

          『鈴の鳴る道』(偕成社)より

 

柔らかい土の感触、空を仰いだ時に感じる天の高さ。

純真無垢な子どもの頃に感じた懐かしい感覚が、

ふと、五感によみがえるようなフレーズが快いですね。

 

f:id:fantsht:20210913222428j:plain

f:id:fantsht:20210913222746j:plain

ベランダでのプランター栽培ですので僅かではありますが、

今年も大小取り混ぜ、収穫することができました。

 

他の食材と、あまりケンカすることのない頼りになる料理番の助っ人。

そんな “じゃがいも” が大好きです。

ことばには、その人の本質が宿っている

f:id:fantsht:20210904164649j:plain

f:id:fantsht:20210904164744j:plain

 

幼いころから書くことが好きで、心に浮かぶままに文字にして

いました。作文が好きというより、鉛筆や消しゴム、ノートを

集めることや、字を書くことが好きだったのでしょう。

 

最近は筆記具に代わってPCでの書き込みになりましたが、

文房具好きも継続中。ペンやノートは、もはやコレクション。

眺めて楽しむオブジェと化しています(-_-;)

 

30年近く自分史講座で学んでいますが、講師曰く、良い作文とは

「読み手が気持ちよく読める文章」「一気になめらかに朗読できる

文章」なのだそうです。この塩梅(あんばい)が、なかなか難しい。

なんとかその域に近づくように、何度も推敲を重ねるのですが、

自己評価できる作文は数少ないですね。

 

マタイの福音書12章34節に、こう書いてあります。

「‥心に満ちていることを 口が話すのです。」

 

思わず口をついて出ることばに、その人の本音が透けて見える

ことがあります。本心を隠すために、ことば数を増やし、表現を

変えて言いつくろっても、聴く人には、虚しく響く単語の羅列に

しか過ぎない。つまり「心にもないことを‥」というような、

そんな経験のある人は、けっこう多いのではないでしょうか。

 

ゲーテの逸話を聞いたことがあります。ゲーテの家は、著名人が

よく集まる場所だったそうですが、宴もたけなわ、気を許した

者同士の会話の中心は、自慢、陰口、妬み、蔑みなどなど。

ゲーテは眉をひそめ、客に言いました。

「ゴミは落としても良いですが、悪いことばは全部、家に持ち

帰ってください。悪い言葉は空気を汚染するのですよ」

 

ことばには、その人の本質が宿っているのですね。口から出る

ひと言の重さ、文章にする一言の重さ。しっかりと、心に

留めておきたいと思います。

 

こんな詩もありました。付記しておきます。

 

 「美しさ」   河野 進

 

 川の美しさは 清い水の一滴から

 海岸の美しさは 白い砂の一粒から

 木の美しさは 緑の一葉から

 人の美しさは やさしい一言から

 

※写真はカラスウリの花と実。実はアクリル画

朝日は一人で、夕日は誰かと一緒に

f:id:fantsht:20210826163942j:plain

 

あと2、3ヶ月したら、あと半年もしたら‥と、コロナが

鳴りを潜めてくれるものと期待して、はや1年半あまり。

いっこうに感染拡大に歯止めが効きません。

自粛生活も慣れてきたと言うより、もう惰性のような感じ(-_-;)

大きな制限がある中、何かを始めようにも、なかなか

やる気スイッチが入らず、無為な時が流れていきます。

 

若い方には的外れな話題かもしれませんが、私自身を含め、

それなりにお年を召した皆さん、コロナ禍にあるフレイル

というものを、どう捉え、どう向き合っていますか?

 

最近よく目にするフレイルという言葉。「虚弱」という

意味があるそうです。人間、年を取れば体力も知力も

精神力も弱まっていきます。もっと分かりやすく言うと

フレイルとは、要支援・要介護の一歩手前の時期をさす、

現代用語のようです。生活の多方面で、「昔のようには

出来ないな~」という自覚がある我が身には、「フレイル、

そんなの関係ない」とは絶対に言えないですよね。さらに

コロナがフレイルに拍車をかける。これが深刻な問題です。

 

多くの真面目な人はマスクや手洗いを徹底し、行動自粛に

協力しています。趣味のサークルや、会食、ショッピング、

旅行も、しばらくはお預け。さすがに一人遊びが得意な私も、

ボテボテの時間守りに入ってきた感があります。みんな、もう

うっぷんでいっぱいいっぱい。うっぷんが詰まったバルーンが、

今、パチンと弾けても何の不思議もありません。

 

こんな言葉を聞いたことがあります。

「朝日は一人で仰いでも良いが、夕日は誰かと一緒に眺めたい」

 

さんさんと降り注ぐ朝日は、恵みを一人で享受するも良し。

しかし、疲れた下り坂で眺める夕日は、誰かと一緒のほうが良い。

 

初めは一人でも元気もりもり。だけど、いろんなことがあった

後の終着地点、そっと誰かが寄り添ってくれたら心強い。

そう思う気持ち、とても深く共感できますね。

誰でも年をとります。だんだん力が弱くなってきます。もちろん

自立した高齢者もたくさんいます。でも、人生の最終章に臨む時、

人は人を必要とし、心と心の触れ合いを求めるようになるのでは

ないでしょうか。

誰ひとり避けて通れないフレイルの時。誰かを必要とする移行期が

あるのだということを、しみじみ考えさせられます。

 ※朝顔=Morning Glory。