シャロンの薔薇

聖書から学んだこと・日々の出来事・ハンドメイド

『ハリール・ジブラーンの詩』を読み返して

 

 思いがけず、友人から2023年の皇族カレンダーを戴きました。

なかなか手に入るものでもないので、ありがたく頂戴し、さっそく

デスクの上の書棚に‥。皇族の方々の凛とした佇まい、姿勢の美しさに、

自ずと身が引き締まります(*^^*)

 

 カレンダーを見て、と言うか上皇后美智子さまの醸し出すオーラ、

奥ゆかしさに心惹かれ、ふと一冊の本のことを思い出しました。

神谷美恵子訳『ハリール・ジブラーンの詩』(角川文庫)という詩集を

ご存知でしょうか。レバノン出身のハリール・ジブラーン著『預言者

から、何編かを抜粋した訳詩集です。

 

 ジブラーンはレバノン出身の詩人として活躍した人ですが、その作品は

世界30ヶ国語に翻訳され、特にアメリカでは聖書に次ぐベストセラーに

なったほど。日本では、ほとんど知られていないのが不思議ですね。

 

 かくいう私も20年ほど前、たまたま新聞の読書欄で、初めてこの詩人と

著書『預言者』の存在を知りました。人間の普遍的なテーマである愛、

結婚、自由、子供、友情、苦しみ、宗教、労働、時、別れ、死など‥

について、問答形式で語られていきます。壮大なスケールで、また十分に

吟味された、魂の琴線に触れる優美なことばで編まれた散文詩。この詩を

知らないのは本当にもったいない!もっと多くの人の心に届いてほしい。

そんな一冊です。

 

 では皇室カレンダーから何を連想したかと言うと、実は詩集『預言者

神谷美恵子さんに紹介したのは、当時皇太子妃であった美智子さまだと

言われています。美智子さまレバノン大統領から贈られたこの本を

愛読され、相談役だった神谷さんに紹介したことが、後々『ハリール・

ジブラーンの詩』の執筆のきっかけになったのだとか。美智子さま

類まれなる審美眼に、深く感じ入ります。

 

 ジブラーンという詩人と、翻訳者の神谷美恵子さんの呼吸が、まさに

シンクロし、その行間から伝わってくる魂のほとばしり‥。このような

素晴らしい作品に出会えたことに、あらためて感謝しています。

 

そうそう、ずいぶん前になりますが、次男が結婚する時、ジブラーンの

「結婚について」という詩を色紙に書いて贈りました。今も夫婦の指標に

なっているなら嬉しいのですが(*^^*) 

 

     結婚について  


結婚についてお話しをどうぞ、とアルタミラが言うと彼は答えて言った。
あなたがたは共に生まれ、永遠に共にある。
死の白い翼が二人の日々を散らすときも
その時もなお共にある。
そう、神の沈黙の記憶の中で共にあるのだ。
でも共にありながら、互いに隙間をおき、
二人の間に天の風を踊らせておきなさい。


愛し合いなさい、
しかし愛をもって縛る絆とせず、
ふたりの魂の岸辺の間に
揺れ動く海としなさい。
杯を満たし合いなさい。
しかし一つの杯から飲まないように。

ともに歌い踊りよろこびなさい。
しかしそれぞれひとりであるように。
リュートの弦が同じ音楽でふるえても
それぞれ別のものであるにも似て。
自分の心を(相手に)与えなさい。
しかし互いにそれを自分のものにしてはいけない。
なぜなら心を包みこめるのは生命の手だけだから。
互いにあまり近く立たないように。
なぜなら寺院の柱は離れて立っており
樫や糸杉は互いの影にあっては育たないから。

 

 夫婦とは、互いに「尊敬」と「感謝」という両輪で完走をめざす、

長い人生レースの走者とも言えるでしょう。ゴールに辿り着くには

心を一つにする必要がありますが、この詩には夫婦が依存し過ぎない

ようにと教示する、幾つものフレーズが盛り込まれています。互いの

存在を尊重しながらも、それぞれが自立した心を持って、神さまを

頂点とする二等辺三角形を保ちながらゴールへ向かう共同生活ですね。

 

 皇族カレンダーからジブラーンの詩へ。話は飛びましたが、あらためて

この詩を読み返したことで、結婚についての深い奥義を知ることができ

ました。私たち夫婦も今秋、金婚式を迎えます。夫婦の関係を、見つめ

直すきっかけにしたいものです。

 

子どもの頃に見た風景が人を励まし、勇気を与えてくれる

               3年間通った気仙沼市気仙沼中学校 校舎

 新年おめでとうございます。

今年もまた、憂いの多い年明けではありますが、少しでも幸せな

ニュースが耳に飛び込んでくる、そんな一年になりますように

お祈りいたします。

 さて、今年も家族そろって例年の通りのお正月を迎えることが

できました。つつがなく三が日を過ごせたことに感謝しています。

 

‥と、恒例の年頭所感でブログをスタートするつもりでいましたが、

人生、そんなに甘いものではありませんでした。実は7日夜から遂に

コロナを発症。一週間、引きこもっておりました。1月5日、病院、銀行、

郵便局で用を足し、パンを買って帰るだけの2、3時間の外出での感染。

コロナ恐るべしです。皆さまも市中感染には、くれぐれもご用心ください。

 

 抗原検査やら発熱外来やら、息子たちが速やかに対処してくれて、

無事に保健所への報告も済みました。幸い軽症ではありましたが、

万全ではない体調の中、面倒な手続きは、高齢者にはなかなか高い

ハードルであることを実感した一週間でした。

 

 とんだ状況説明に字数を割いてしまいましたが、ここからが本題です。

 

 これまでは孫も幼かったので、体を使って遊ぶことを優先して

いましたが、家族の歴史というか、ルーツについて、きちんと話をする

機会がありませんでした。中1、小4ともなれば、自分の先祖を知るのも

大切なことなので、遊びの中で、少しずつ教えていこうと思っています。

 

 わが家には仏壇はありません。私がクリスチャンということもあり

ますが、あまり形にこだわらない夫の意向でもあるからです。でも、

夫の両親、私の両親の遺影は飾っています。孫たちにとっては曽祖父母

ですね。一人ずつ、名前と関係を教えていくと、神妙な面持ちで写真を

見つめています。“年長” の意味で「おっきい(大きい)おじいちゃん」

とか「おっきいおばあちゃん」などと呼んで、なんとなく分かっては

いるようですが、たぶんすぐには覚えきれないでしょう。写真を見る度、

少しずつ、自然に覚えていって欲しいものです。

 

 ルーツを知ることも大切ですが、古里を想う心も大事です。幼い頃に

過ごした懐かしい日々は、岐路に立った時、人生の折ふしによみがえり、

一歩を踏み出すよう、励ましてくれるだろうと思うからです。

 碧い海、緑の山々、坂の多い町並み、高台にある学び舎‥。目を閉じれば

一瞬でそこへタイムスリップできる古里があることに感謝です。

 こんな素敵な言葉もあります。

 

 子どものころに見た風景が、ずっと心の中に残ることがある。

 いつかはおとなになり、さまざまな人生の岐路に立った時、

 人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされたり、

 勇気を与えられたりすることがきっとある。

           星野道夫著『長い旅の途上』(文春文庫)より

 

 

 この写真右側、何棟も並ぶ大きな建物は父が勤めていた公立病院。

その左脇の「公立病院の坂」を登って通学していました。この坂を

上り切ると中学校、小学校があります。水平線より高い登校坂を、

潮風を受けて毎日登っていた子どもの頃。健脚でしたね~(~_~;)

 

 高齢者の話題にはよく「〇〇仕舞い」ということばも出てきますが、

伝えておきたいこと、残しておいてほしいことは押しつけず、やんわり

次世代に託したい。そんな思いを新たにした2023年のスタートです。

斧が鈍くならないうちに 刃を研いでおこう


2022年もあと残り3日になりました。

もう少し若い頃は年末の大掃除やら、買い出しやらで大忙しの

時期でしたが、近年は何とものんびりしたもの。少々気合が

入るのは年賀状書きくらいでしょうか。それも、ここ数年、

多くの方が年始挨拶の終了を告げられ、枚数も大幅に減り

ました。寂しさもある反面、スマホやネットでのご挨拶も

フレンドリーで良いのかもしれませんね。

 

のんびり‥とは言っても、大晦日には必要最小限のおせちを

作りますので、包丁だけは研いでおく必要があります。先日は、

魚さばきが得意な孫に「おばあちゃんの包丁は切れないね」と

言われたばかり。いつも、マイ包丁を大事に手入れしている

孫ですから、仕方がないことではありますが(~_~;)

 



旧約聖書の中に、こういう言葉があります。

 

  斧が鈍くなったときは、

  刃を研がないならば、

  もっと力がいる。

  しかし、知恵は人を成功させるのに益になる。

         伝道者の書 10章10節(新改訳2017)

 

たしかに切れ味が鈍くなり、なまった包丁では、思い通りの

調理はできません。神経も使うし、余分な力も入ります。やはり

包丁は本来、シャープな切れ味であるのが鉄則なのでしょう。

調理する前には、包丁の刃がこぼれてはいないか、錆ついては

いないか、点検してから始めることの大切さを教えられます。

 

それは、私たちの心の持ちようにも言えることだと思います。

メンテナンスが必要なことは分かっていても、時の流れのままに

研がれても磨かれてもいない、曇った状態のままで心を使い続けて

はいないでしょうか。ほんの少し立ち止まって心を点検し、軌道修正すれば、

物事がスムーズに進み、余分な労力も省けるかもしれません。

 

一日の、どの時間帯でも良いので、静まって神さまに祈り、

自分の心を探るQuiet Timeを持ちたいものです。

 

2022年も、拙いブログにお付き合いいただき、ありがとう

ございました。これからも聖書から教えられたこと、日々の

出来事、サッカーの話題や趣味のことなど、ゆっくりペース

ではありますが綴っていくつもりでおりますので、引き続き

2023年も「シャロンの薔薇」を、よろしくお願い申し上げます。

 

皆さまも、どうぞ良い年末年始をお過ごしくださいませ。

 

他己紹介によって、自分の価値を知る

 

コロナ感染の波が高くなったり、低くなったりの繰り返しで、

ちょくちょく催していたホームパーティが、3年余りも

休止状態になっていました。「そろそろ、予防を徹底しながら

集まりませんか」と、誰からともなく声が上がり、先週末、

常連のメンバーが顔を揃えることになりました。

 

すでに先約があった次男を除き、9名が集合。

10代、30代、40代、70代と、ジェネレーションギャップの

大きい面々。大人にとっての3年はともかく、小学生から

中学生へ、低学年から高学年へ移行した孫たちの著しい成長ぶりに、

皆さん目を皿のように丸くしていましたね(~_~;)

 

パーティーと言うには質素過ぎる簡単メニューでしたが、これに

長男から揚げたての唐揚げの差し入れがあり、加えて中1の孫が

腕をふるって捌いたカマスとコチで、一気に豪華版に。

写真のツルの箸置きは、小学生の孫が折り紙で折ってくれました。

 

食事の後は「他己紹介」の時間を設け、大いに盛り上がりました。

皆さん顔なじみですので、あらためて「自己紹介」の必要は

ありません。それでちょっと趣向を変え、それぞれの名前が

書かれた札をシャッフルしてから順番に引いていき、引き当てた

名前の人を紹介するという、いわゆる「他己紹介」のゲームです。

 

簡単そうですが、よく知っている人の特徴や魅力を言葉に

言い表すのは、案外、難しいことのようですね。それでも

皆さん、それぞれの魅力や特徴を再確認しながら、じっくり

言葉を選んで紹介してくれました。

 

なるほど、なるほど‥と頷くことしきり。

反面、自分の人物評を聞いて「ふ~ん、人にはそんな風に

見えているのか」と、セルフイメージとの微妙な違いに驚いたり‥。

自分自身でもはっきり認識していなかった隠れた自己価値、

アイデンティティーが、他人の口を通して知るというのは、

なかなか奥深さを感じます。

 

思いつきで始めた「他己紹介ゲーム」でしたが、紹介の後、

各々にコメントが飛び交い、より親睦を深める楽しい時間に

なりました。パーティー主催者としては、なかなかのグッド

アイディアだったと自画自賛しています(*^^)v

 

 

思い煩いからの解放

 

恒例になっているクリスマスカードの作成も、無事終了。

やれやれと、ホッとしているところです。

 

とは言うものの、すぐに手を動かしたくなる私。今度は

栞作りを始めています。クリスマスカードの台紙から出る

大量の半端紙。レザックという、なかなかの高級紙なので、

捨てるにはもったいない。そこで栞にしてはどうかと考え、

いくつかサンプルを作ってみました。

 

聖書を読む人なら分かると思いますが、栞は割と必要です。

この紙は適度な厚みがありますが、しなるため、聖書の薄い紙を

傷つけることもなく、栞に最適かもしれませんね。

 

ただカード作りに全力を注いだので、あまり余力が残って

おらず、細工はほどほどにし、上のスペースに聖書の言葉を

プリントしたものを貼ってみました。

その一枚をピックカップ



  あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。

  神があなたがたのことを心配してくださるからです。

              (ペテロの手紙 第一 5章7節)

 

26年前、洗礼を受ける年の元旦礼拝で、回ってきた籠の中から

引き当てたカードに、この聖句が書かれていました。

 

身内に一人もクリスチャンがいないのに、自分一人が信仰の

世界に入って大丈夫だろうか。まさに、そんな思い煩いが心から

離れず、悶々としていた頃のこと。それが、この言葉によって

心が一新されたのです。

 

くよくよ考えても、悩んでいても堂々巡りするばかり。

自分の力で解決しようとするから苦しいのです。だけど、私の

思い煩いをご存知の全能の神さまが心配していてくださる。

これはもう、ただ、ゆだねるよりほかにないでしょうと‥。

 

ストンと心の霧が晴れた瞬間のことを、今も覚えています。

今、作っている栞も、どなたかの手に渡るかもしれません。

そこに書かれた聖書の言葉が、その人にとっての生きる指標に

なれば、とても嬉しく思います。

♪クリスマスキャロル 『さやかに星はきらめき』

 

待降節も2週目に入り、教会の講壇前に置かれたアドベント用の

燭台にも、2本目のキャンドルに火が灯りました。

いよいよクリスマス・シーズンの到来です。

 

1999年11月23日は、新教会堂の落成記念日です。早いもので

もう23年も前になるのですね。慌ただしかった日々が去来し、

当時が懐かしく思い出されます。

 

新しいチャペルで催した最初のクリスマス・コンサート。

ゲストは、盲目のテノール歌手、新垣勉さんでした。

窓のガラスというガラスがビンビン振動するほどの豊かな

声量と、朗々と響き渡る美声に圧倒されたのを思い出します。

 

中でも心に強く響いた歌声は「さやかに星はきらめき」

というクリスマス・キャロル。私も大好きな一曲です。

別のシンガーですがyoutubeでどうぞ♪

 

https://www.youtube.com/watch?v=v8-8VUp0kng

 

 さやかに星はきらめき み子イェス生まれたもう

 長くも闇路をたどり メシアを待てる民に

 新しき朝は来たり 栄えある日は昇る

 いざ聞け、み使い歌う

 たえなる 天(あま)つ み歌を

 めでたし、清し今宵

 

今日の礼拝説教にもありましたが、ただ救い主が来られると

いう喜びだけで、その到来を待つのではなく、自分ではどうしても

拭いきれない内面の染み、よごれを清め、混じり気のない純粋な

ものにしてくださる方が来てくださる。そんな確かな希望を抱き、

心から期待して待つアドベント週間でありたいと思います。

 

 

サッカー日本代表、W杯で強豪ドイツに逆転V!!

 元ドイツ代表 ギド・ブッフバルトの直筆サイン(家宝です)

 

サッカーの話になるとテンション急上昇の私です(~_~;)

 

待ちに待ったカタール・ワールドカップが始まりました。

日本は死の組と言われる強豪国と対戦するグループに入り、

厳しい対戦相手に期待半分、諦め半分の境地で、この時が

来るのを待ち望んでいました。

 

怪我明けの選手が多く、不安材料の多い日本代表チーム。

ところが、なんと! 23日に行われた初戦、優勝候補である

強豪ドイツに逆転勝利するという快挙を成し遂げました。

メッシ擁するアルゼンチンも初戦敗退。これだからサッカーは

面白い。何が起こるか、誰にも予測できないのですから。

 

スポーツニュース欄を見ると、「サプライズ」「番狂わせ」「奇跡」

「歴史的勝利」「大金星」などなど、好発進した日本代表チームを

称える文字が踊っています。それはある意味、真実でもありますが、

ずっ~とチームの完成度をチェックしてきた私には、その論調は

ちょっとね‥。「そんなに、びっくり仰天しないでよ」と言いたい

ところもあるのです(~_~;)

 

一介の主婦サポーターですので、専門的なことは分かりません。

でも、この選手層、かなり完成度、成熟度が高いと思うのです。

ドイツ戦では全く機能しなかった前半戦に比べ、後半戦はまったく

違う戦いを展開し、とどのつまり、ドイツに逆転勝ちするという、

歴史的どんでん返しを成し遂げました。前後半と戦術が一変しても、

選手一人一人が戦術理解を共有し、ピッチ上で同じ絵が描ける。

だからサプライズではなく、これまで積み上げてきた「チーム力」の

勝利だったのだと思うのです。

 

まだグループリーグで一勝しただけです。明日27日には、すぐ次の

コスタリカ戦を迎えます。しばらく寝不足が続きますが、この四年に

一度のお祭りを、存分に楽しみたいと思います⚽